ご挨拶

ご挨拶

博多屋の始まりは昭和2(1927)年、福岡県津屋崎出身であった創業者が佐世保の地で開業した旅館でした。当時より食事処としても多くの方にご利用頂いていたそうです。

1970年(昭和45年)現在の形『佐世保グリーンホテル/いけ洲博多屋』としてからこの方、新鮮で美味しい魚料理を求めて地元・佐世保はもちろん、遠方からも数多くのお客様にお越し頂いています。

当店自慢のいけすには四季ごとの旬の魚介類が常時10種類以上、伊勢海老、鯛、オコゼ、鯖、鯵、あらかぶ などなど活き造りでお楽しみいただけます。

地元ならではの味の一つであるうちわ海老は、ほぼ年中その独特の姿をご覧いただけます。是非ご賞味いただきたいお味です。

いけすの魚や貝以外にも、最寄りの佐世保魚市場から毎日仕入れる新鮮な魚介類をお楽しみいただけます。

特に冬はふぐもおすすめです。長崎県は全国有数のとらふぐの養殖地。佐世保はふぐの養殖が盛んで、天然ふぐにも引けを取らない美味しさです。

美味しいものを食べて、飲んで、楽しいひとときを過ごす――人生の大きな楽しみの一つです。

佐世保ならではの新鮮な海からの恵みを、地元の方々に長く愛され、支えられてきた博多屋の心づくしのおもてなしとともにぜひご堪能ください。


佐世保グリーンホテル
いけ洲博多屋 支配人

西野 昭寛

 

ページトップへ戻る